年賀状と寒中見舞いの大切な関係

寒中見舞いの寒椿


年賀状を送らなかった人から、
年賀状が届いた。

でも、新年になってもう一週間が過ぎ、
今さら出しづらいってことありませんか。

「寒中見舞い」が役に立つとき

年賀状を出さなかったとき役に立ちます。
他にも使えるので、下記に記してみました。^^

1.一年の中で最も寒い季節を迎え、
相手の体調を気づかうとともに、
自分の近況を伝える。

2.喪中の方に、年賀状の代わりに用いる。

3.年賀状を出すのが遅くなって、
松の内(1/1~1/7)を過ぎてしまったとき

4.喪中と知らずに年賀状を出してしまった相手に、お詫びの手紙として使う

自分自身が喪中のとき

喪中の場合は
年賀状を出すことができないので
事前に喪中はがきを出して
年賀状を出せないことを伝えます。

でも、喪中でも年賀状が届くことがあります。

喪中はがきを出した相手だったら、
そのことを忘れていたか、
届く前に出してしまったのでしょう。

また、自分宛てではなく、
故人宛てに亡くなったことを
知らない方から年賀状が来ることもあります。

喪中ですから年賀状では返せませんが、
そんなときに必要なのは寒中見舞いです。

いくら喪中でももらった年賀状には
礼儀をつくした方がいいですよ。

☆無地のハガキだと寂しいので

椿の花や、雪だるま、毛糸の手袋など、
冬の風物詩を取り入れたイラスト、
挿し絵のはがきなどがいいでしょう。

イラスト入りのはがきには、
イラスト部分をさけて文字を書きます。

ただし、イラストの色調が薄いものなら、
イラストの上に重ねて文字を書いても良いでしょう。

15.9.29寒中見舞いの寒椿2


☆「寒中見舞い」を出す時期は?

1月7日に着くことを考えると、
1月5,6日頃~2/4日頃までがよさそうです。

新年のご挨拶、
昔から、大切にされていたんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください